Peak2Peak写真山岳ガイド事務所 檢見﨑の残雪期ガイド企画
2021年2月18日更新

4月以降、残雪期のフォトトレッキング/ガイド企画です。
カレンダー表示はこちら

新型コロナの感染状況を考慮しつつ、
当面の間、ガイド山行を次のようなガイドラインに従って
実施していきたいと思います。

①山行の難易度を下げます
②ガイド山行の募集人数を3名までとします
③宿泊を伴う場合、個室対応ができる施設に限定します。

檢見﨑

————————————————————
春山残雪期 実施決定企画

<実施決定 残席2>西穂独標と上高地スノーシュー
3月12日13日 1泊2日
西穂独標に登り西穂山荘からスノーシューで上高地へ降ります。
詳細は⇨こちら

西穂独標

———————-

実施決定 残席1>西穂高岳
4月10,11日 1泊2日
定員2名西穂山荘に泊まって西穂高岳を目指します。
詳細は⇨こちら

ピラミッドピークと西穂山頂

———————-

<実施決定 残席2>鹿島槍ヶ岳
4月17,18日 前泊プラス1泊2日
Peak2Peakならではの残雪期フォトトレッキング企画。爺ヶ岳南尾根からアプローチして冷池山荘で幕営、鹿島槍ヶ岳へ。最高のロケーションで剱岳を撮影します。信濃大町に前泊します。詳細は⇨こちら

鹿島槍ヶ岳

———————-

<募集中>立山フリープラン 4月24~28日の間
室堂をベースに、雄山、奥大日岳などを登ります。泊数、コースはご希望に応じます。お勧めは、奥大日岳(1泊2日)です。詳細は⇨こちら

奥大日岳の雪庇

———————-

<実施決定 満席>鹿島槍ヶ岳 5月3~5日 前泊プラス1泊2日
GW営業の冷池山荘を利用。コースは4月と同じ。信濃大町に前泊します。
詳細は⇨こちら

爺ヶ岳山頂から、剱岳に沈む夕日

———————-

<実施決定 残席1>蝶ヶ岳常念岳 5月14日~17日 前泊+2泊3日 定員3名
穂高の展望台、蝶ヶ岳と常念岳を歩きます。


———————-

<募集中>立山三山縦走 5月7~11日の間で1泊2日 定員2名
GW後の静かな春山を楽しみます。奥大日岳との組み合わせもOKです。
詳細はこちら

GW雷鳥沢のテント村と剱御前小

———————-

<募集中>針ノ木大雪渓 5月27、28日と6月5日、6日 前泊プラス日帰り 定員3名
扇沢から針ノ木大雪渓を登って針ノ木岳を目指します。信濃大町に前泊をお勧めします。詳細は⇨こちら

針ノ木峠から山頂への登り

———————-

<募集中>双六岳 6月12、13日 前泊プラス1泊2日 定員3名
残雪の北アルプスを満喫するPeak2Peakの名物企画。新穂高温泉登山口からまだ夏道が出ていない小池新道を使って、双六小屋を目指します。翌早朝、双六岳をピストンして下山。詳細は⇨こちら

夜明け前に双六岳を目指す

———————-

<実施決定 満席>西鎌尾根槍ヶ岳 6月19~21日 前泊プラス2泊3日
双六小屋から残雪の西鎌尾根を歩いて槍ヶ岳へ。北アルプスが最も輝く残雪期の稜線を歩きます。新穂高温泉から入山、双六小屋と槍ヶ岳山荘に泊まり、上高地へ下山。詳細は⇨こちら


西鎌尾根から槍ヶ岳を仰ぎ見る


————————————————————
<雪山トレーニング山行 随時募集中>

雪山入門
 上州武尊山 日帰り 2月~3月末まで随時 平日も可
川場スキー場から行く雪の百名山武尊山 歩行時間4時間半 雪山初級
コース紹介はこちら

武尊山は手軽に雪稜歩きが楽しめる山。剣ヶ峰を振り返る。

———————-

雪山入門 谷川岳天神尾根 日帰り 2月~3月末まで随時 平日も可
天神平スキー場から谷川岳へ 歩行時間5時間半 雪山初級
コース紹介はこちら
———————-

雪山入門 唐松岳 1泊2日 2月~4月末まで随時 平日も可
白馬村または八方池山荘に前泊、八方尾根から唐松岳山頂へ
コース紹介はこちら

唐松岳山頂から

———————-

雪山入門:八ヶ岳天狗岳 1泊2日 2月~3月末まで随時 平日も可
稲子湯からしらびそ小屋、中山峠、天狗岳へ。コース紹介はこちら

西天狗岳

———————-

雪山中初級:焼岳 1泊2日 2月~4月末まで随時 平日も可
中の湯温泉に前泊して、焼岳南峰または北峰に登ります。
晴れていれば穂高岳と吊り尾根の眺めが最高です。
コース紹介はこちら

焼岳南峰


———————-

雪山中級:八ヶ岳阿弥陀岳 1泊2日 2月~3月末まで随時 平日も可
美濃戸口に前泊して御小屋尾根から阿弥陀岳に登ります。
達成感のあるコースです。
厳冬期の南八ヶ岳にトライしてみましょう。コース紹介はこちら

あと少しで阿弥陀岳山頂、奥に赤岳

———————-

雪山中級:谷川岳西黒尾根 1泊2日
雪稜登山の醍醐味を味わいに行きましょう。コース紹介はこちら

 西黒尾根からトマの耳、オキの耳を仰ぎ見る

———————-
お問い合わせは Peak2peak 檢見﨑誠
peaknipeak@gmail.com
—————————————————————

<有料ブログを始めました>
定期購読マガジンにご登録いただきますと、
全ての記事を読むことができます。
https://note.com/peak2peak
—————————————————————

ガイド料はこちら

→Peak2Peak写真山岳ガイド事務所では3種類のガイドを行っています