西穂独標に登って山荘からいったん上高地へスノーシューで降ります。
ご希望があれば、中の湯に泊まって焼岳登頂を目指します。
2泊3日の変化に富んだ冬山です。

厳冬期の西穂独標は、積雪期岩稜登山の入門コース。
3000m級の冬の稜線歩きを楽しむことができます。
西穂山荘からは往復で4時間です。
山荘にもどったらアイゼンをスノーシューに履き替えて、
トレースのない樹林帯を上高地へ下ります。
通常のスノーシューツアーでは味わえないハードなコースです。
上高地の田代橋に下り、釜トンネルを抜けて中の湯バス停へ。

焼岳に登る場合は、
中の湯の送迎にピックアップしてもらい、
中の湯の温泉で疲れを癒します。
最終日は早朝に宿を出て、焼岳南峰を目指します。

初日は13時に新穂高の登山口集合ですので、
朝一で東京を出発すれば間に合います。

1日目:歩行時間2時間
2日目:歩行時間9時間
3日目:歩行時間6時間

技術 :★★★☆☆
体力 :★★★★☆ 

お問い合わせ&お申し込みこちら
夕焼けに染まる西穂高の稜線
独標への登り
スノーシューで上高地へ