トレーニングで丹沢に行ってきました。平日でしたが、トレッカーもちらほら。コースタイムで山頂まで2時間余りの楽チンなルートでまずは足慣らし。2ヶ月以上のブランクから身体を元に戻すのに、これからどれくらいかかるでしょうか、、、。ともあれ、山が少し近づいてきたように思えて、気分も晴れました。
丹沢は首都圏の山ですが、大きく深い山塊です。核心部は北アルプス最奥の黒部原流域雲ノ平と同じ、国の「特別保護区域」になっています。登山道もたくさんありますが、古くからの交易のための、また林業のための作業道が多く、登山者の道迷いが多いことでも有名です。私の好きなエリアは丹沢山から蛭ヶ岳、檜洞丸への山域です。たくさんの沢があり、チャレンジングなルートもあります。
今回は、表丹沢の某尾根へ。山と高原の地図に載っている登山道から少し外れた場所ですが、よく歩かれているルートです。いつもブナの大木たちが静かに迎えてくれます。
来週からボチボチ、ガイド山行を再開する予定です。